EO対策事業

企業がSEOを実施することの目的は、一言であらわせば検索を通じてビジネスを成長させることです。 正しいSEOは、「設計」「技術」「マーケティング」などあらゆる側面からサイトを改善することを通じて、 Webサイトが検索結果でより多くの露出を得ることを実現します。

デジタルカレンシーは検索上位対策として有益なコンテンツを配信し、 リンクをサイトに集め(=色々な外部サイトで言及、紹介されるよう作業し)、 検索エンジンから見たサイトの価値をあげるだけではなく、 ユーザーにとっても高い価値を提供できるサイト運営をしていくことを目標に作業をしております。



SEOはコンテンツがカギ!
昨今のSEOはサイトのコンテンツが非常に重要になってきております。 SEOに最適化したサイトにするために実際に新しいコンテンツを作成したりと サイト制作を行う必要性があります。意見だけ言えても実際にサイトに 反映させられなければ何も意味がありません。デジタルカレンシーなら サイト制作から全て出来るので言うだけのコンサルティングにはなりません。





一社で完結が最善のSEO対策!
SEO・制作・リスティングをそれぞれ別の業者に任せていませんか。 本来ウェブマーケティングは、それぞれのデータを共有して改善することが必須ですが、 業者が分かれているとデータの共有が上手くいかず、改善が不十分になりがちです。 全てのサービスで多くの実績と高い評価を頂いているデジタルカレンシーで ウェブマーケティングの全てを一社完結しませんか。



デジタルカレンシーが考えるSEO対策
SEO業界は、日本では2000年ロボット検索が出来てから始まった市場になります。 当初はサービス提供者と、クライアントのインターネットリテラシーの差が非常にあったことから、 客観的な価値の適正値が共通認識されておらず、クライアントはサービス提供者の言うがままにするしかありませんでした。

また、SEO対策をしているといえども、その作業内容がブラックボックス化されており、また上位表示されるテクニックも グーグルのアルゴリズムの改修が追いついていない状況から多岐に渡り、様々な憶測が飛び交っている業界でした。

ブラックボックスであることが常識となっていた2004年から2009年ぐらいまでは悪徳な業者が多く存在し、 SEO対策という業務の社会的信用性が低くなったという影響がありました。



しかし、最近ではグーグルのアルゴリズムが大幅に変更され、ユーザーにとって最適なコンテンツを提供するために、 WEB会社、クライアントは非常に手間のかかる作業を余儀なくされております。

これにより、SEO対策事業から撤退する会社が存在し、やっと市場が浄化されてきているのではと感じます。 デジタルカレンシーは一環して、当初よりブラックボックスである作業の開示を行い、クライアントの信用を獲得し、 また、SEO対策の目的である「上位表示」以上に、アクセス数、その先の売り上げに注目し、あくまで外部業者ではなく SEOパートナーとしてのポジションにて価値を提供して参ります。

SEO対策には様々な憶測が飛び交います。我々はあくまで上位表示は当たり前、その先の売り上げにコミットした形で 価値を提供して参りますので、コーディング、デザインなどの制作業務と交えてさらにSEO対策を行って参ります。